白浜風土記(4日目) 南浜でスナガニを見つける

*本記事は管理人の個人的日記ですので、他の記事と違って、敬語体で執筆いたしません。
あらかじめ、ご了承ください。
本日、夕方の休憩時間に浜辺を歩いた。
歩いた場所は南浜。臨海の南に位置する砂浜で、観光客用に整備されている場所だ。
此処から遊覧船が出ていて、お客を乗せてゆく。その時に、カンカンと鳴る鐘は心地よく響くのだ。
さて、夕日を背中にした円月島を見ながら、枯葉を弄んで砂浜にジッと座った。
694.jpg
排水口から流れ出る水が一瞬生き物に見えた。が、もちろん気のせい。
ふと、目を横に向けて砂浜を見た。
何かが動いているのを見つけた。それには見覚えがあった。
四角い形に足が生えたその姿。
そう、カニである。だが私は学部・修士の研究を双方干潟で行っていた為か、それを「コメツキガニがこんなところに!?」と勘違いしてしまった。そのカニのサイズは、5mm程度にも満たない小さな小さなカニだったのだ。
その後、カニを捕まえて改めてジッと見る。
驚いたことに、これはコメツキガニなどではなく、スナガニの稚ガニだった。まだ成体になっていないので、ミナミスナガニかどうかはまでは分からなかった。
690.jpg
まさか、南浜に、人の手が入った砂浜で、自然度の高い砂浜に住む傾向のあるスナガニを見るとは予想外だった。私は興奮しながら部屋へと戻り、カメラで何度も何度もスナガニを撮影するのだった。
672.jpg
撮影が終わった後、スナガニは南浜へ逃がしてやった。今後、この砂浜にも多くのスナガニが定着することを願って。
もっとも、このスナガニはたまたま流れ着いた幼生が上手く適応できた個体にすぎず、繁殖できるほど多くの個体がここに根付くとは思えない。それでも、この砂浜にスナガニが増えてくれるに越したことはないだろう。
私は手を振り、スナガニと別れた。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中