日本放浪録(1) 白浜から大阪へ行き、てりやきマックバーガーを食す

今日以降は用事で出かけるため、白浜風土記はしばらくお休みです。

本日、白浜バスセンターから高速バスに乗り、大阪へと向かった。

高速バスの中ではおばちゃんやらオッサンやら外人やら美人の中国人?やら、いろんな人々がいた。こんな多くの人達が白浜に来てたのかと思うと驚いた。バスの中で腹痛に苦しめられたが、なんとか耐えた。全ては紀ノ川サービスエリアさまさまである。

その後、大阪駅でバスを降りて目的地へ向かう。その途中で何も食べていなかったことに気付いた。そこで、私は駅の地下にあるマックでてりやきマックバーガーをいただいた。

数週間前、マックはチキンナゲットの件で色々騒がれていたが、照り焼きに関しては何の問題もなかった。とはいえ、マックばかり食べるのも感心するものではない。そんな生活を和歌山市に住んでいた頃は、何の考えもなくしていたのだ。

今考えると恐ろしいものである。食生活には気をつけよう。そう思った一夜であった。

広告

日本放浪録(1) 白浜から大阪へ行き、てりやきマックバーガーを食す」への2件のフィードバック

  1. はじめまして。猛勉の瑛と申します。ドクターの卵のくせして恐竜や生物学ばかりに興味を示すへっぽこ大学生です。ヴァルドラプトルの記事を拝読いたしましたが、まさか最古のダチョウ恐竜であったとは。僕にとってはいかなる経路をたどってアフリカやオーストラリア(ティミムスはダチョウ恐竜といわれてきましたが今もそうとらえられているんでしたっけ?)へ渡ったか、とても興味がわきます。
     また興味深い記事を楽しみに致しております。

    いいね

    • 初めまして。
      動物行動学屋なのに古生物にも触手を伸ばすラクティアと申します。
      ヴァルドラプトルはかなり最近に提出された論文ですので、知らないのも無理はございません。
      記事にも書きましたが、恐竜データ集に書いてある「最初にラプトルの名が付けられた恐竜」というのは誤りです。
      私の知る限り、歴史上最初に「Raptor」の名を冠した恐竜は、1924年に命名された、オヴィラプトルとヴェロキラプトルです。
      『属名にラプトルと名が付いた恐竜の中で、一番最初に標本が発見された種類』とするならば、誤りでもございませんが。

      ティミムスに関しては、現在はダチョウ恐竜説は否定されているみたいで、今は分類不明のコエルロサウルス類説が有力です。
      また、ティラノサウルス上科という説やウネンラギア類に近縁との説があるそうです。
      加えて、成体と亜成体の化石が発見されており、成長についても研究できる余地がありそうですね。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中