デイノケイルスの謎が解けた!!

ぶったまげたニュースがやってきました。

なんと、私が子供の頃には謎に包まれていたあの恐竜、デイノケイルスの全身骨格について、とうとう正式な発表がありました!

どんな姿かご覧になられる方は、Michael Skrepnikによる復元画の掲載された、こちらの記事をご参照ください。(←ナショナルジオグラフィックHPに飛びます)

背中の突起部や肋骨などの一部が未発見ですが、これまでの発見も合わせればほぼ全身を再現できるレベルの骨格が発見されています。

リンクをご覧いただければ一目瞭然ですが、凄い顔をしています。

まるでハドロサウルス類のような顔です。個人的にはまだこれがデイノケイルスのものだとは信じられないくらいです。とはいえ、下顎がたいそう分厚いものの、頭骨の上部はよく見ればオルニトミムスの面影を残していますね。

また、今回の発見で私の注目したポイントは次の3つです。

 

①亜成体の骨格も発見された

これで、デイノケイルスの成長についての研究が可能でしょう。もっとも、世界的に見ても貴重な標本ですから、そういった分析はまだ先になると思われます。

②割と形を保った強膜輪が共産している

シュミッツら(※強膜輪を用いて絶滅動物の活動期間を推測する研究を行っている)の研究を応用すれば、おそらくデイノケイルスが夜行性か昼行性かどうかも推測ができるはずです。もっとも、こうした強膜輪を用いた研究もまだまだ黎明期ですし、確定というわけでもないので、今後改善の余地はあります。

③腹部から胃石と魚の鱗が見つかっている

これがもっとも興味深い発見です。

元来、シノルニトミムスの発見とそのサイズから植物食と考えられてきましたが、どうやら事実は複雑だったようです。もっとも、腹部から見つかったといっても死後単に流れ着いた可能性もあります。

バリオニクスみたいに胃酸で溶けた跡があった、などの客観的な証拠が必要となるでしょう。また、雑食という可能性もありますね。

 

おそらく、近い将来には日本でも骨格が展示されるでしょう。その時をマメンチサウルスのように首を長くしながら待つことにいたします。

(追記)

尾端骨はオヴィラプトル類やテリジノサウルス類の一部の種のように、塊状になっていたと書かれていました(※文献において、その写真や図版はなし)。

よって、尾部には尾羽が生えていた可能性もあるかもしれませんね。

このことを意識したのか、復元画でも尾羽がちょこっと控えめに描かれているのが見受けられます。

 

(余談)

・・・それにしてもいい時代になったものです。

私が子供の頃は、超巨大肉食恐竜という説で書かれた漫画もありましたので、時代のギャップを感じます。

ある意味嬉しいような寂しいような、少々複雑な心境でもあります(笑)

昔はデイノニクスを食い殺す腕長の恐ろしいバケモノみたいな恐竜扱いされていたこともありました。

しかし、そういう復元さえも私の少年時代には少数派になりつつありました。1990年代の恐竜書籍では、すでにオルニトミムスの仲間という表記が数多く見られました。

 

参考文献

恐竜大集合 (科学まんが館・進化をさぐる) 1986 伊東 章夫

北海道大学プレスリリース(小林快次先生による)

Yuong-Nam Lee, Rinchen Barsbold, Philip J. Currie, Yoshitsugu Kobayashi, Hang-Jae Lee, Pascal Godefroit, François Escuillié, Tsogtbaatar Chinzorig (22 October 2014).

“Resolving the long-standing enigmas of a giant ornithomimosaur Deinocheirus mirificus“. Nature. Retrieved 23 October 2014.(新標本について記述された論文)

広告

デイノケイルスの謎が解けた!!」への12件のフィードバック

  1. 僕も今しがた大学の図書館でネイチャーを借りてコピーしてきました。奇妙奇天烈という言葉がこれほど似合う恐竜もそうおりますまい。
    以前から、ゴビ砂漠では草食の大型獣脚類の種類が豊富で、一方角竜は多くみられないという現象(?)がありましたが、僕のイメージでは角竜(角あり)がアメリカ大陸から渡ってきた時には既にアジアの奥地はディノケイルスやテリジノの天下であったため、シノケラトプスのような大型種はゴビ砂漠では見つからず、中国のごく一部など大型の草食性獣脚類のいないところに生息したというようなもんですが、いかがかしら?
     当時、ディノケイルスたちがどんな植物(植物食だとしたら)を食べていたのかについても研究が進むとうれしいです。

    いいね

    • 返信遅れて申し訳ございません。
      学会やら何やらが重なっていたものでして・・・・。

      ネイチャーが見れるのは羨ましいです。遠方ゆえ、私のねぐらにはないですので(多分)・・・w

      どちらかというと、テリジノやデイノケイルスよりはシャントゥンゴサウルスなどの大型鳥脚類との競合が激しかったように思われます。

      デイノケイルスの食性については、下顎の構造が気になりますね。

      いいね

  2. 尾端骨(うっかり書きそびれました)も含めて、詳細な骨学的記載は別口で行うつもりでしょうかね。腹骨も産状写真を見る限りかなり状態が良さそうにみえるので、その辺も気になるところです。

    強膜輪を含めて、保存状態は貫禄(?)のモンゴル産と言った感じですね。復元骨格ができたら、ぜひとも拝みたいものです。

    いいね

    • ご返信遅れ大変失礼いたしました。

      おそらく、今後更に骨学的記載について詳細な情報が出るのでしょう。
      ツァーガンといい、モンゴル産は強膜輪が保存状態よくて惚れ惚れしちゃいますよw
      仰る通り、次の恐竜展が私も楽しみです。

      いいね

      •  それ、それですよ!モンゴル産の恐竜化石がなぜ強膜輪まで保存されているか、以前から不思議でした。
        一方で今回のディノケイルスやエルリコサウルスのように(きわめて!)部分的な骨格しか発見されていない者もあるからどこで保存状態に差が出るんでしょうな?
        僕はちゃんとタフォノミーを勉強したことがないからこれ以上は何とも…。
         余談ですがオハイオ大のウィットマー博士のエルリコサウルスの頭骨解剖学論文、面白いですよ。さすが整形外科も手掛けるだけはある!

        いいね

      • 私もタフォノミーは存じ上げませんので何とも・・・

        ウィットマー博士の論文とは、テリジノサウルス類の脳の研究のものでしょうか?
        確かにアレはなかなか面白い研究でしたね。嗅覚と聴覚、平衡感覚に優れていたのは驚きです。
        こういった研究も生態復元には大いに参考となるでしょうね。

        いいね

  3. >瑛さん
    デイノケイルスの模式標本の場合、やや関節の繋がった状態で肩と両前肢、そして腹骨と胴椎の破片が存在してます(原記載の図より)。タルボに食われて下半身と首がもってかれた後、ある程度腐敗したところで河川の氾濫によって一気に埋没したように見えます。
    エルリコサウルスは頭骨と足がそっくり残され、あとは上腕骨と頸椎の破片のみが保存されているようですね。原記載を読んだことがないのでアレですが、もともと関節状態で埋まっていたものが(頭部と足以外)風化したようにも思えます。

    いいね

    • 補足解説ありがとうございます。私は地質学そのものは疎いので、こういったフォローは非常に助かります。
      ちなみに、エルリコサウルスはどっかに記載論文が転がっていましたよ。

      いいね

      • いえいえ~。(もっとも、講義の進度の関係であまりタフォノミーについて深くはやってないのですが)

        エルリコの記載論文、APPで出てたんですね!(無知) 頸椎は関節が外れてるとのことなので、ばらけた骨格がある程度固まってた感じでしょうか(それ以上のことが書いてないや)。(関節した状態で)一度埋没した後に洗い出されたのかもしれませんね。

        いいね

      • エルリコサウルスは、テリジノサウルス類としては非常にいい頭骨が見つかってますからね。研究も多いのも頷ける話です。

        というか、テリジノサウルス骨格図の頭は、実際はコイツのものですからね。(形状はおそらく大差ないでしょうけど)

        最近もまたJVPがエルリコサウルスの論文を出したようです。

        いいね

  4. >らえらぷすさん、lactea1216さん
    いや、補足解説ありがとうございました。化石のできた状況についてはまだちゃんと論文を読んでおりませなんだ(後ろページの系統樹ばっか見ていた。見直しとこ)。
    テリジノサウルスの仲間は化石が完璧に残っているものがごくわずかですからな…ちょっとした発見でも僕らにはうれしいです(現在ウィットマー論文解読中。人間の解剖学では見かけぬ単語ばかりで読むのは一苦労ですわ!)。

    いいね

    • 恐れいります。確かに、みんな系統樹に目がいっちゃいますよね(汗

      ウィットマー論文解読中ですか・・・
      終わったら是非内容をご教授いただければ助かります。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中