白浜風土記(23日目) オオスズメバチ、寝床を探す

先日、昼食を取りに寮へ戻ろうとしたところ、座って何かを見ている実験所の職員さん達がいらっしゃった。何かと思って尋ねると、ちょっとギョッとなって、ピョンと下がってしまった。

そこにいたのはオオスズメバチ(Vespa mandarinia)だった。

KIMG0317

だが、幸いにも人を襲うことなくフラフラとアスファルトの上を歩きまわっていた。昆虫界最強と誉れ高い(?)恐るべしオオスズメバチも、こうなってはちょっと可哀想だった。私は写真撮影後、静かにその場から離れた。

昼食後に戻ると、既にどこかへと去っていた。一体どこへ行ったのだろう。冬眠場所を探していたのだろうか?

調べてみると、どうやら越冬するのは女王蜂と女王候補のみらしい。

このハチがオスかどうか、不幸にして分からない(どなたかご存知の方がいらっしゃったら教えてください)。

だが、もし女王候補なら、来春まで生き残ってほしい。そう願わずにはいられなかった。

でも、毒針で刺してくるのは勘弁な!!

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中