白浜風土記(24日目) 白浜に白雪降る

先日忘年会に参加した。鍋が非常に美味しかった。おじやも美味しかった。

二次会のカラオケ屋では、「SURPRISE-DRIVE」を二回も歌っていた。二次会は深夜まで及んだが、日付も変わる頃に解散となった。シンデレラもとっくに舞踏会から逃げ出す時間だ。無理もない。その後、タクシーに乗ると、窓から白い粉のようなものが飛び交っているのが見えた。

「すごいっすよ! 雪が降ってますよ!」

大寒波が日本全国に寒さをもたらしているとはいえ、まさか南紀白浜で雪を見るとは思わなかった。地元のタクシードライバーの方によると、5年に1度くらいはちょっとだけ積もることもあるという。残念ながら(?)積もることはなかった。南国に近い場所で雪を見るという、珍しい経験をした夜だった。

それにしても、凍えるような寒さも、強い寒風も、降雪と共にあれば何故か許せてしまう。

それはすぐに溶けてしまう雪の儚さゆえ、寒さがそのうち終わると錯覚されるからだろうか。

それとも、白いダイヤモンドの美しさが人の心を満たすからであろうか。

広告

白浜風土記(24日目) 白浜に白雪降る」への2件のフィードバック

  1. 南国紀伊でも白雪が舞いましたか。^^ 関東は雪こそ振りませんが寒風がものすごく、通勤時はマフラーがないと厳しいです。電車中はめちゃ暑いですが・・・^^;

    いいね

    • 雪といっても粉雪程度なので、積もりはしないですけどね・・・(汗)
      東京もお寒いと思われますが、お体にはくれぐれもお気をつけください。

      それにしても、電車内と路上の温度差は凄いですよね・・・。厚着をしていると逆効果な時さえもあります。
      私も、通学時はマフラーが欠かせません。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中