白浜風土記(34日目) 巨大オニイソメ、現る!!

※人によってはグロテスクな画像となります。虫が苦手な方は閲覧をお控えください。

また、R-18要素も含まれますので、苦手な方はご注意ください。

あと、落し物のしゃしんもはいってます。

実習の付き添いで田辺市のとある岩礁を歩いてみた。

すると、驚くべき巨大生物が発見された!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

オニイソメ(Eunice aphroditois)である。早い話が巨大なゴカイの一種だ。多毛類に属する。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それにしてもデカい。でかすぎる・・・。パッドを埋め尽くさんばかりの長さだ。しかもさらに驚くべきことに、今回のは1mくらいだが、これよりももっと大きい3mサイズの個体も存在するらしい。

海、おそるべし・・・

なお、噛まれると痛いので海で見つけても専門家以外は触らないようにしよう。また、ゴカイの例に漏れず、ちぎれやすいため持ち運びには注意が必要である。実験所の面々の手によって、細心の注意を払って、実験所まで持ち帰りに成功した。

実習生たちは気持ち悪いと嫌がっていたが、私はここまで来るとむしろかっこいいと思う。

なんというか、列車のような無骨さを感じるフォルムに見えるのだがいかがだろうか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちなみに黒いものがパッドに転がってるが、これはオニイソメの落し物である。

すなわち糞である。

ちなみに英語圏での俗称はBobbit wormというらしい。

それは、メスのオニイソメがオスの生殖器を食べてしまう習性から来ている。その習性が、海外版阿部定とも言えるロリーナ・ボビットを彷彿とさせるということで、この名が付いたそうだ。

なんとも恐ろしい話である。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中