日本放浪録(13) 雨足天草:九州遠征旅行(4日目)

熊本城近くのマン喫でグースカ寝たあと、雨の中を歩く。
土砂降りで大いに困ってしまう。
何とかカバンを庇いながらバスに乗り込み、天草へ。艦々日和の漫画が濡れなくてよかった・・・
確かこの日の朝食は、前日に購入したういろうであった。
ういろうって美味しいよね!! うい~(笑)

その後、2時間程度バスに揺られ、天草市街へ到着。
書店や食事が充実していて、非常に快適に過ごせた。TSUTAYAがあったのも予想外であった。ここで艦これ公式四コマをGET!
非常に安心できる町並みであった。
さて、思い立ったが吉日というが、この日は天草の臨海実験所へ向かおうと考えた。
たぶん誰かしらの方がいるだろう。そんな甘い見通しで行った結果・・・

誰もいなかった。

当然である。その日は日曜日。誰かがいるはずはなかったのだ。
その後、私は付近を回ることにした。ちょうど雨が晴れ、歩きやすい状態となった。この辺りには富岡城跡なる御城の跡があるらしい。せっかくなので訪れてみることにした。木々の下の苔むした階段を登ると、城を復元した建物が見られた。さらに、もう少し進むと、そこには男達の銅像が立っていた。

KIMG1215  KIMG1230
幕末の偉人・勝海舟と、日本外史を書いた頼山陽の二人であった。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、これ以外にも鈴木重成という方の銅像が建立されていた。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

付近の鈴木重成公についての展示を見て、彼が地元の偉人として尊敬される理由がわかった。
この銅像の人は、天草島原の乱の後、荒廃した天草を立て直すべく活躍されたそうなのである。
年貢の軽減を幕府に訴える、農業改革を実施する、などその活躍は多岐に渡ったとのことである。
天草に戦火を広げたのが天草士郎であれば、その焼けた土地に種を蒔き民を育て直したのが鈴木重成公なのだ。
私は天草の偉人と言えばこの人を挙げることにしたい。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その後城の中を覗こうと入館すると、その中は昔の遺品など歴史資料はあまり展示されておらず、替りに生き物たちの展示で埋め尽くされていた。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここは富岡城を復元した建物内に作られた、富岡ビジターセンター

なんと、お城の中は、この地域の生物について紹介する自然史系施設だったのだ・・・!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(※許諾を得て撮影)

私の愛するハクセンシオマネキも展示がされていた。3D映像の展示や貴重な文献資料なども所蔵されており、かなり素晴らしいものに巡り会えた。

偶然ではあったが、素敵な博物館を見れた日であった。

KIMG1271

帰りにたまたま出くわした頼山陽の歌碑。説明板のスイッチを押すと、音が鳴る。

KIMG1268        KIMG1277

近くに生えてたシャリンバイ(左)  と     マツヨイグサ(右)

ポテチを食べながら、歩いて天草市街まで戻った。暑かった。

そりゃあ黒コート着てれば暑いか(笑)

この日の夕食はファミレス。隣で幼い親子が微笑ましい様子を見せていた。どんな様子かは秘密である。
その後時間つぶしに古本屋へ。以前から気になってた漫画の続刊があったので立ち読み。なかなか壮絶なラストであった。

そして宿泊はまたもや漫画喫茶。
艦これのいつ静を読む。艦々日和が読みたかったが我慢である・・・zzz

 

KIMG1278

天草市街にあった鈴木重成公を含む鈴木三氏の像。彼は今でも地元の人に尊敬されている。

広告

日本放浪録(13) 雨足天草:九州遠征旅行(4日目)」への2件のフィードバック

  1. 恥ずかしながら、島原の乱の顛末はlacteaさんのホームページで初めて知りました。ただ僕の父の同門の先生が鈴木氏より以前に島原の領主であった松倉氏の子孫であることと、天草四郎が実は豊臣秀頼の忘れ形見なんじゃないかという話を本で読んだくらいで…。う~む毎度のことながら不勉強じゃ。
     天草一揆(清正公が討伐した天正年間のもの。この時清正公に打たれた敵将・木山弾正の子が「横手の五郎」なる力持ちで、熊本築城にかこつけて公を殺さんとしたのは有名)の例を引いても、天草は「肥後もっこす」の気質を最も色濃く反映している地方といってよいでしょうな。

    いいね

    • 返信遅れてすみません。
      天草四郎は小学校の頃非常にぶさいくな似顔絵を描いてしまった苦い記憶があったりします(笑)
      後の御所浦の記事でも触れるかもしれませんが、確かに天草は力強さを感じました。

      いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中