白浜風土記(40日目) イシガメでまんねん

ある日、私はいつものように実験所から自宅へ帰ろうとしていた。

そんな時だ。寮の同居人がなにやら騒いでいた。

「カメがいました!」

私は何事かと思いながら歩いた。すると、寮と実験所を繋ぐ道の脇に大きな甲羅を発見したのだ。

その生物は落ち葉の中にその身を横たえ留まっていた。

巨大な甲羅と小さな頭、まさしくカメであるKIMG0838.JPG

甲羅の模様と色からして、おそらくイシガメであろう。

「研究室で飼えないかな」と同居人の一部で声があがったが、設備的には難しいとのことでそのままここでそっとしておくことになった。

夕食後、しばらくしてまた同じ場所を訪ねてみるとカメはいなくなっていた。おそらく、水場を探して出かけたのだろう。その数日後にロードキルされたカメを見てはいないので、おそらく無事にどこかの池か川に戻ったのだろう。

このカメがその後白浜のどこかで幸せに暮らしていることを願いたい。

広告

白浜風土記(39日目) 海の底に潜みし鎧の者ども

恐るべきことにもう2年も白浜日記を更新していなかった。

本当に申し訳ない。

ここからは記憶を頼りに書かせていただくことをご了承いただきたい。

さて、前々回(37日目)で書いた、白浜の海底からとれた甲殻類をご紹介しよう。

白浜の海には、こんな不思議なカニたちが住み着いているのだ。

 

サナダミズヒキガニ(Latreillia valida

脚がとても細いのが特徴のカニ。エビにも似ている気がする。

 

オキナガレガニの一種(Planes sp.)

このカニは白浜の海を漂っていた海藻に付着していたものである。脚に毛があるのが特徴。

 

サメハダヘイケガニ(Paradorippe granulata)

よく見ると顔のような紋様が見えるのがお分かりいただけると思う。これは内臓の配置と関係しているらしい。

 

トゲケブカガニ(Pilumnus orbitospinis)

ドレッジ調査ではよく見つかるカニで、割と白浜の海底によくいるらしい。

 

ミツカドヒシガニ(Garthambrus pteromerus

ゴツゴツした甲冑のような体をもつカニ。写真ではわかりにくいがハサミも太い。

 

チョウチンコブシ(Tokoyo eburnea

干潟でよく見かけるマメコブシガニの近縁種。やたらとハサミが細長い。

 

ガザミ科の稚ガニ。種類は不明。

 

オキノアカモンエビ?(Plesionika lophotes?)

一応オキノアカモンエビと同定したが誤っているかもしれない。

 

このように、たくさんの甲殻類がこの海の中に潜んでいることがお分かりいただけたことであろう。白浜の海は、多様ないのちに満ちた宝の海なのだ……!

 

なお、これらのカニは同定が完了した後、記録・資料保存のため冷凍庫にて安楽死させ、アルコールに浸けて標本として保管した。

研究としての資料を作る必要性も然りだが、海底に船を使って戻すわけにもいかないのだ。ご理解いただきたい。

もちろん、標本制作の前に手を合わせ黙祷させていただいた。

白浜風土記(38日目) 円月島の裏側

こないだ白浜の某スーパーで買い物をしていたら、艦これのOPが流れていた。まさか白浜にも鎮守府ができていたのか!?

さて、今日はありそうでなかった円月島の話である。

円月島は白浜の主要観光スポットである。波と風の力によってポッカリと空いた穴にはまる夕陽に惹かれ、多くの人がここを訪れる。

「円月島の夕日は綺麗だね、ハニー」

「ええ、そうね・・・」

「でも、君の方が一億万倍きれいだよ(はーと」

「いやだ、ダーリンったら!」

・・・こんな会話を繰り広げてるカップルもいる(はず)。まぁ、大体はおじさんおばさんなどの観光客や家族連れ、または数人以上のグループばかりで、ふたりきりのカップルはそんなに多くない印象である。きちんと統計したことないのでわからないけど。

実は、結構表側から見られる方は多いが、裏側を見たことがある方は少ないであろう。
以前、海岸を散歩中にたまたま撮った写真である。

KIMG0715 (4)

そう言えば実験所周辺の海岸を歩いていると、ところどころ小さな洞窟がある。

KIMG0727

おそらく波の浸食によって削られたのであろう。

その中に、どんなものがあるかはまだ謎だ。
いずれ、危なくない範囲で、今度探検しに行きたいと思う。

白浜風土記(37日目) 船に乗りて艦娘を想ふ

以前白浜風土記にも書いたが、今回2度目の調査船への乗船を行なった。前回は準備を怠ったためにひどい状況だったが、今回はある酔い止め薬を飲んでなんとか持ちこたえることに成功した!

しかしながら、天候が微妙なせいか、波間は大きく揺れる。ものすごく船体が揺れまくり、かなりビビっていた。

相変わらず私、ヘタレである。

そして、大きく揺れる波を見つつ、船にしがみつきながら私は思った。

艦娘はこんな波風に揉まれながら、あんな命懸けの状況で深海棲●と戦っているのだな。

と・・・。

あんなか弱い少女達が荒ぶる海を戦場に命懸けで戦っていることを思うと、胸が痛んだ。

・・・あれ、

なんかモニターの向こうから冷たい視線を感じるぞ?

気のせいですよね?

俺、提督になったら(※10月着任予定)、絶対に如月ちゃんも祥鳳さんも沈ませないんだ・・・(フラグ

冗談はさておき、今回は深淵の砂泥より数種類のカニの採集に成功した。(※実際に採集したのは底引き網とそれを操った研究者の皆様なので、厳密には私ではない)

実は今も頭がふらついており、ろくにキーボードも打てなひじょうひょうなのらです・・・

そろのカニについては、まは次のお話にしよう(トーマスのナレーション風に)

白浜風土記(36日目) 恐怖!猛毒カニ、ラクティアを襲う!

エイプリルフールは過ぎたが、4月1日の話題をさせていただこう。

先日、故あって某水族館の展示解説ツアーを担当させていただき、カニ類について話させてもらう機会を戴いた。初めてということで様々な問題点はあったが、あのツアーで子ども達が興味を持ってくれたならば、幸いである。

その際に、私はあるカニを子どもたちにみせた。それがこの猛毒のカニである。(スマホ写真で申し訳ありません・・・)

KIMG0791 (3)

その時に見せたのが、このカニ・スベスベマンジュウガニ(Atergatis floridus)である。猛毒のカニとして、ネット上を問わず、各所で著名なカニである。その美味しそうなお菓子を思わせる外見に反し、その体内には猛毒が秘められている。

Wikipediaによれば、麻痺性貝毒(PSP)の成分のゴニオトキシン、サキシトキシン、ネオサキシトキシン、テトロドトキシンと、数々の猛毒を備えているという。テトロドトキシンはフグ毒と共通している。

一応、食べたら確実に死ぬというわけでもなさそうだが、死亡例はかなり多いという。ちなみに、オウギガニ科に属するカニ自体が、毒を大なり小なり蓄積しているらしい。よって、スベスベマンジュウガニに限らず、このような丸い甲羅の形状をしたカニは、不用意に食べてはいけない。

ところで、このカニはオウギガニ科に属するが、オウギガニ一族の例に漏れず、このカニも擬死、いわゆる「死んだふり」をする。触っていると丸くなり、ピクリとも動かなくなる。これによって捕食者の興味を削ぎ、身を守るのだ。

KIMG0804 (3)

おそらく何も知らない人間からすれば、「アレ?死んじゃった?」と思い、海に捨ててしまうこともあるだろう。これは私の推測に過ぎないが、この擬死は人間から身を守るのにも大いに役立っているはずだ。

ちなみにツアーを担当した日はちょうどエイプリルフールだったので、「このカニは触っても毒があり危ない」というネタで苦しむという、ウソのギャグをやってみたが全く受けなかった。反省会において、真顔でギャグをやったのが問題だと指摘された。より良いツアーのためには、ギャグのセンスも磨かねばならない。

 

参考

武田正倫「カニは横に歩くとは限らない」

Wikipedia(スベスベマンジュウガニ)

白浜風土記(35日目) ヒラメじゃなくてヒロメを食す

先日、知人からヒロメ(Undaria undarioides)という海藻をいただいた。実はこれ、白浜における高級食材で無茶苦茶美味い。熱湯で煮ても歯ごたえが落ちない、凄い海藻なのだ。和歌山県田辺市ではヒトハメと呼ばれることもあるらしい。

最初に言っておくがヒラメではない

そのサイズがこちら。Gショックと比べると、非常に大きいのがお分かりいただけるであろう。

KIMG0817

表面には色々付着していたので、洗うのには非常に手間が掛かった。そして細かく刻んで食べられるサイズに分けた。流石に一人では食べきれないので、寮の仲間たちと6つに分けて戴いた。

ちなみに私は、坦々麺のスープに漬けて食べた。歯ごたえがあり、非常に美味しかった。本来はお酢などにつけて食べるので、良い子は真似しないように。

なお、繰り返すがヒラメではない。ヒロメである。

みなさまにヒロメの美味しさについての情報をひろめられたら幸いである。

白浜風土記(32日目) 薄桜のハマダイコンのなぞ

一ヶ月近くもサボって申し訳ございません・・・。お詫びに那珂ちゃんのファンやめます(うそ)

 

ハマダイコン(Raphanus sativus var. hortensis f. raphanistroides)が先週辺り次々に開花し始めた。実験所裏にて撮影したものを掲載させていただく。

KIMG0796 (2)

この時期になると、海岸の様々な場所で咲く花である。薄桜色の可憐な花が美しい。その美しさ、まるで大和撫子の如しである。

KIMG0801 (2)

このハマダイコン、その名のとおりダイコン(Raphanus sativus var. longipinnatus)が野性化したものと書かれている。

なるほど、確かに葉っぱといいダイコンそっくりである。色合いこそ異なるが、ナノハナ科特有の花の形もまさしくダイコンである。匂いも香りも良いものである。

ところがどっこい、最近の遺伝子解析によれば、ハマダイコンはダイコンとは別種とする説が提唱されているのだ! 一体真実はどこにあるのだろう・・・? 全ては、時に委ねるしかあるまい(棒)。

さて、そのなぞはともかく、ハマダイコンもダイコン同様に食することが可能である(棒)。ただ、あまり美味しくはないらしく、専ら大根おろしとしての用法が主流らしい。根っこはゴボウのような形で、あまり可食部分は多くないようだ。

何はともあれ、ハマダイコンはほぼ全国の海岸で観察できる。今の季節だと満開なので、興味のある方はぜひ海へ足を運んでいただきたい。勿論採集して夕のおかずにしてもいい。

 

参考文献

日本の栽培ダイコンにおける自家不和合性遺伝子と自家不和合性程度の遺伝的変異
Genetic variation of the S-alleles and level of self-incompatibility in Japanese cultivated radish(Raphanus sativus L.).

ハマダイコン(浜大根)の季節がやってくる(http://matome.naver.jp/odai/2142069838283119801)