日本放浪録(12) ラクティアぴろしき探検隊:御船の恐竜街に翼竜の塔を見た!!:九州遠征旅行(3日目)

前日に艦々日和艦これの漫画買って寝ました。吹雪ちゃんと祥鳳ちゃんかわいいっぽい。

しかしながら漫画喫茶を出た時には、生憎の雨。艦これグッズが被弾しないよう気をつけて歩きながら、雨に打たれていました・・・orz 幸い漫画は無事でした(どやぁ

さて、バス停でバスを待ち、40分ほどかけて御船町恐竜博物館へ。そしてカルカロドントサウルスの像を見たとき、テンションはハイに!!(ちなみに博物館はカルカロドントサウルスのいる交差点が目印)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

御船町恐竜博物館到着! おぉ、立派なティラノサウルスがいるぞー!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA

うぉおォォお!!!

ラクティア、抜錨します!!

・・・と言いたいところでしたが、マン喫泊まりは体力を消耗するため、一度図書館・休憩室(隣は保育園。実は保育園の一部を改修して造られた建物)で休憩へ・・・。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(※図書館の方から、許可を得て掲載。こちらはOKでした)

そこには、なんと、恐ろしいことに、

漫画版の平成ゴジラシリーズ や、90年代の怪獣図鑑など、レア特撮本が大量に揃っておりました!!

勿論、すべて読破。内容を頭に焼き付けました!

そして一時間ほど休憩した後、本館へ出陣。さっそく館内を周り、写真を撮りまくりました!

が!!

御船町恐竜博物館は、撮影可能ですがブログ掲載禁止とお話を伺ったので、写真掲載はできません。あしからず・・・

というわけ展示内容は文章のみで解説したいと思います。

  • アパトサウルスやティラノサウルスなど、主要な系統群の恐竜はほぼ揃っている
  • トチサウルスなど、レア物もいる。
  • というか、日本でアパトサウルスの全身が見られるのはここと国立科学博物館だけ
  • なにげに中生代の哺乳類展示に力を入れている。
  • もちろん御船の恐竜化石や、その生態復元もばっちり!
  • 新生代の展示は少なめ。ただし、古人類の展示は福井県立恐竜博物館並に多い。
  • 荒木一成氏製作の模型が一部壊れているが、「包帯を巻いた」修正を施し、非常にユーモラスで(壊れやすいことを)子どもたちにわかりやすくするように工夫している。
  • 動くトロオドンもいる。動かすには顔の前の辺りの床を優しく足踏みしてみよう!
  • 恐竜の解説パネルは(2015年3月時点では)なし。この点はやや不親切だと思った。
  • ミュージアムショップはオリジナルグッズ多め。展示解説書はなし。

総括しますと、ユーモアに溢れる、狭いながらも展示内容の充実した博物館でした!

さて、御船を出たあとは、恐竜ロードを歩いてみました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

道を歩くたびに各地質時代を代表する生きものの骨格が見られます。三葉虫からサーベルタイガー(ジュウレン世代的にこっちのほうがしっくりくる)までかなり長く、だいぶ疲れましたよ・・・。しかもこの日はやたらと暖かくレザーを脱ぐハメに。

ただ、ミクロラプトルの顔の造形が「・・・」でしたが。

KIMG1150

水戸黄門に助さん格さんと言った具合で、エルリコサウルス・アーケオルニトミムス・ヴェロキラプトルが並ぶ。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA     OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ちなみにこの恐竜ロードの途中にはお菓子屋さんがあって、懐かしのブリアンっぽいスティラコサウルスの焼型が入ったお菓子があります。

最後に、御船町ふれあい広場へ。勝山の長尾山総合公園ほどじゃないですが、恐竜のオブジェが数多く展示されていました!

カルカロドントサウルスの横顔。ふつくしい・・!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

遊具やオブジェなど、あらゆるものが恐竜・古生物のイラストなどが刻まれていました!OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、素晴らしいのがこの翼竜の塔。プテロダクティルス(?)(アズダルコ科の翼竜でした。猛勉の瑛様、ご指摘ありがとうございます!)たちが崖に住み着いている姿を見事に再現した、ファンタジックでステキなオブジェでした!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この塔の上に座る翼竜がいい味出してます!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA  OLYMPUS DIGITAL CAMERA

御船を満喫した後は、コインランドリーへGo。疲れた体を休めつつ、洗濯物をクリーニング&ドライ。

洗濯後は、書店で立ち読みしたりしながらフラフラと商店街を歩き、山水亭という老舗ラーメン屋へ。

こちらでは、山水亭ラーメン黒味をいただきました!

KIMG1168 KIMG1171

(※許諾を得て掲載)

うまい!!うまいぞおお!!!

こってりした味なのに、脂っこい感じがしない! よく見ると辛味が入れられている・・・・!

そう、辛味を加えることで、トンコツの脂をちょうどいい感じに調整していたのだ! これぞ、長年のラーメンが培ってきた知恵なのだろう!(たぶん)

チャーシューの肉の柔らかさもちょーどいい! ギョーザも挽肉が歯ごたえがあって美味い!!

非常に美味しいラーメンをいただきました!!

さて、この日も漫画喫茶で就寝。次の日は天草に出撃したのですが・・・

(次回に続く!)

広告

日本放浪録(12) ラクティアぴろしき探検隊:御船の恐竜街に翼竜の塔を見た!!:九州遠征旅行(3日目)」への13件のフィードバック

  1. そうか!山水亭もおいでくださったんですね!僕もここのラーメンと豚まん大好きでして、また帰ったら食いに行きたいもんじゃ。おっしゃる通り熊本ラーメンには刻みニンニクやマー油など辛味を入れることが多いです。
    御船町恐竜博物館、さぞ楽しまれたことと存じます。ただ、写真公開については、池上先生に許可さえ頂けばできたはずですが(僕、今恐竜倶楽部の会報に池上先生へのインタビューを掲載しておりますが、許可を頂いて博物館の展示物を掲載できました)・・・?まぁ、ともかく日本が世界に誇れる恐竜博物館であると自信を持っていえます!!是非またおいでくださいませ!!
    あ、最後にもうひとつ。翼竜の塔の翼竜はアズダルコの仲間らしいです(プテロダクチルス亜目といえば間違いではございませんが)。先日帰った折に確かめて参りました。

    いいね

  2. おお、そういえば書き忘れていたことが。博物館前のチラノですが、季節ごとに所謂「コスプレ」をします(ex.ひな祭りにはお内裏様、こどもの日は直江兼続の兜をかぶり柏餅をかじっております)。詳しくは博物館のFacebookをご覧ください(HP脇にリンクがございます)。
     それから、ご存じやもしれませんが博物館のアパトサウルス、あれ実は科博の標本です。つまり、ajaxであり、「ブロントサウルス」に名前が変わることはございません。ご安心ください(でも、展示パネルにはexcelsusとあって、ぼくも行った当初は戸惑いました)。

    いいね

    • 熊本ラーメンはそうした工夫があの味を生んでいるのでしょうね!
      あれはアズダルコ類だったんですか!? あとで訂正しておきます。

      福井のアイツといい、恐竜博物館のマスコットキャラはコスプレ好きが多いんでしょうか・・・(笑)
      でも某瑞浪市のあの子のお雛様衣装はちょっと見たいかも・・・w

      いいね

  3. 御船町の恐竜ロードも楽しそうですね。翼竜の塔は見ごたえがありそうです。
    博物館内の写真掲載はいずれ解禁されるでしょうから、今は未来に向けて撮り溜めし開館当時からの展示物比較にために、記録に残しておくことも一興ですよ。^^
    福井も最初は写真OKの場所は限定されていましたし、逆に歌津魚竜館のように撮影NGを貫いたために、震災前の館内の様子が殆ど残らなかったということもありますから、この辺りは運営側のさじ加減が難しいですが・・・^^;

    いいね

    • 実は歌津魚竜館、写真が多数手元にあります・・・。
      (しかもある場所で、過去の展示として、紹介までしてしまった・・・)
      魚竜館の皆様、本当に申し訳ございません。

      いいね

      • おぉ、今となっては貴重な写真です。拝見して懐かしみたい気持ちもありますが、我慢しましょう。・・・
        ネガかデータかは存じませんが、大事に保管してほしいです。いつか魚竜館が再建された時に寄贈して頂ければ、喜んで頂けると思いますよ。^^

        いいね

  4. 御船は凄い、という情報はよく聞くので一度行かなくては…と思っているのですが…(汗)
    外のオブジェやイラストもかっこいい系からかわいい系までそろっていて見応えありそうですね(^^)
    それにしても、連日漫画喫茶泊まりなんですね。しかも休憩に入った図書館で特撮本読破してたら全然休めてないのでは(笑)。 それでも体力が持つとは…、なんか若いっていいですね~(←30代のひがみw)

    いいね

    • あの道はかなり長いですからね・・・。無理もありません。
      展示に関しては、解説パネル以外はほとんど文句なしでしたね。また御船には訪問したいと思います。

      いいね

      • 拙い情報がお役に立ててよかったです。お気づきやも知れませんが、翼竜の塔は単なるオブジェではなく、子供らのよき遊び場でもあります。僕が伺ったときも、塔の真下のトンネルを数人の子供らが出入りして駆け回っておりました。他にも、公園内の公衆トイレの壁にまで恐竜(男用はチラノ、女用はバクトロサウルス?)が描いてあったのにはさすがに驚きました。

        レア物がある、とのことでしたが、僕は特にアレクトロサウルス?の歯骨とテスケロサウルス・ガルバーニの歯に惚れ込みました。トチサウルスも拝見しましたが、マニラプトル類であるのに足の第2指のカギヅメがさほど目立たないのは驚きました。トゥロオドン科はドロミオ科とは補食の仕方が異なるのやも…?

        いいね

  5. ・猛勉の瑛様
    いえいえ、情報提供ありがとうございました
    確かに私が行った時にも子供達が遊んでいましたね。
    トイレの恐竜というと、私は某恐竜パーク木更津を思い出しますw

    第二指に関しては、意外とトロエドン類は目立たないんですよね。何かしらドロマエオとは機能が違っていた可能性がは十分あると思います。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中